株式会社のと楽

思い出に残るおもてなしを提供する日本旅館

のと楽
のと楽

事業について

旅館業を中心として県内にタイプの異なる3館の旅館を運

能登半島の中間に位置する七尾市和倉温泉の旅館です。石川県の食材、加賀能登の食材で料理・企画を充実させ、県内にのと楽グループとして3館の旅館およびブライダル事業も展開しています。従来の宿泊形態とらわれない旅館ホテルの宿泊、会食を七尾和倉の海・金沢の犀川・加賀山代の森で3つのテーマ性を持たせてご提供します。3館の特性を生かした旅館づくりを目指します。

私たちの会社はこんな会社

お客様のご利用シーンに合わせてお選びいただける旅館の運営

のと楽
のと楽/ゆったり和室
会社風土

和倉・金沢・山代のそれぞれの地域での社会的役割を大切にしています。社員の相互乗り入れも行い、社員同士が協力し合える会社です。

社内での取り組み

おもてなしとサービスを行える一流パーソンを育てることに注力しています。そのことが、お客様にゆっくりとお過ごしいただける旅館の仕組みづくりが大切と考えます。マルチタスク化を進め、生産性向上を図っています。結果的に、働き方改革に結びつき無駄な残業の削減にもつながっています。

のと楽
のと楽/女性大浴場

代表者メッセージ

北陸一の旅館を目指す

のと楽
代表取締役/谷﨑 裕さん
大切にしていること

特に館内の美化や景観を大切にしています。ご来館されるお客様が快適にお過ごしいただける様、環境を整えるが重要と考えます。そのことが、すべての社員がお客様をもてなす意識をもつことが大切です。

アピールポイント

客室から七尾湾を臨み、客室露天風呂も数十室を備えたのと楽。また、金沢犀川の傍らで、静かな佇まいをご堪能できる滝亭。そして、加賀山代の広い庭を取り込んだ旅館森の栖。温泉風情が異なる旅館をご堪能できます。

今後の展望

世の中の情勢が不透明の中であっても、常に業務改善と改革を行い、どうすればお客様に素晴らしいサービスを提供し満足していただくか社員一人ひとりが考え造り上げることが重要です。そこに成長が生み出されます。

先輩社員からのメッセージ

お客さまとの会話を大切にし、
数々の商品販売を担当しています。

のと楽
販売担当/小泉 月華さん(勤務年数5年)
仕事内容

お菓子や雑貨等のお土産品の販売、商品仕入れ、ポップ作成、商品陳列をし店舗運営を行います。また在庫・品質・現金の各種管理を行います。

入社の決め手

自分に何ができるかと考えた時に、地域をアピールでき、かつ地元に貢献できる職に就きたいと思ったのがきっかけです。

仕事のやりがい

旅館にご来館される多くのお客様がご利用になる売店にて、お客様との会話と店舗づくりに重点を置いて商品販売をしています。地元の良いところを伝えると「ありがとう」と言っていただけるのはうれしいですね。

会社概要

代表者谷﨑 裕
所在地石川県七尾市石崎町香島1-14
電話番号0767-62-3131
E-mailfront@notoraku.co.jp
資本金2,000万円
従業員224名(内本社のと楽106名)
創業年度1974年
来年度の採用あり
採用情報掲載ページhttps://www.notoraku.co.jp
自社ホームページなし

前の記事

株式会社 加賀屋

次の記事

オークス株式会社