1

社会医療法人財団 董仙会 恵寿総合病院

先端医療から福祉まで「生きる」を応援します

恵寿総合病院
恵寿総合病院

事業について

子供からお年寄りまですべての人の
「生きる」を応援する「Life産業」

「いつでも、誰でも、たやすく安心して診療を受けられる病院にする」という創業理念のもと、石川県で先端医療から福祉までを担うグループとして85年以上の長きにわたり歩んでまいりました。子供からお年寄りまですべての人にかかわる「Life産業」として、一人ひとりの人生をサポートしています。尊い命を守り支える技術力や設備に加え、最先端のICTや業務効率化システムにより、医療や介護、福祉、健康、生活支援にいたるまで、境目のない総合的なサービスを提供し、日本の医療の牽引役となっています。

私たちの会社はこんな会社

「日本初」がたくさん!
世の中に先駆け、新しいことにチャレンジし続けています

恵寿総合病院

恵寿総合病院

会社風土

1患者1IDのグループ内情報共有システムや病院コンビニ、医療介護コールセンターなどの「日本初」の取り組みを次々と実現しています。現状にとどまらない姿勢で、困難な課題でも失敗を恐れず挑戦しています。

社内での取り組み

職員が自らのキャリアビジョンを主体的にデザインできるよう、「キャリアデザインプロジェクト」でキャリア支援を推進しています。恵寿総合病院内に開設したシミュレーションセンター「Keiju Innovation Hub」では高度な研修や公的資格の取得が可能です。

恵寿総合病院

代表者メッセージ

好奇心の先のイノベーションを目指します

恵寿総合病院
理事長/神野 正博さん

大切にしていること

3つのI:Integration:サービスの一元管理と統合、Innovation:変革を引き起こす、Inspiration:新たな価値を提示する

アピールポイント

20年以上前から、医療のICT化による業務の効率化と生産性向上を図ってきました。患者さんの「困った」対応や職員の気づきから絶えず終わることのない変革を進めることで医療機関という業態に新風を起こします。

今後の展望

本業である病気の治療や介護ばかりでなく、地域のニーズを先回りした健康産業、生活支援産業という視点で事業の拡大を図っていく。健康経営優良法人(ホワイト500)企業として職員の向上心と健康も求めていく。

先輩社員からのメッセージ

1,300人の職員を支える「縁の下の力持ち」

恵寿総合病院
総務課/武田 洋和さん(勤務年数10年)
仕事内容

私が所属している総務課では、人事や労務管理など組織全体を円滑に動かすためのさまざまな業務を担当しています。たくさんの人と関わりながら、「組織のまとめ役」として、働きやすい環境づくりに努めています。

入社の決め手

私は生まれも育ちも能登で、この能登地域が大好きです。地域医療を支える恵寿総合病院の一員として、地域に貢献できる仕事がしたいと思ったのが入職を決めたきっかけです。

仕事のやりがい

総務課では、多岐にわたる業務を担当しています。新しいこともどんどん取り入れており、大変だと感じることもありますが、仕事を通じていろんな経験を積み、成長を実感できるのは大きなやりがいです。

会社概要

代表者 神野 正博
所在地 石川県七尾市富岡町94番地
電話番号 0767-52-3211
E-mail info@keiju.co.jp
資本金 1億1,200万円
従業員 1,351人
創業年度 1934年
来年度の採用 あり
採用情報掲載ページ http://www.keiju.co.jp/recruit/pages/
自社ホームページ http://www.keiju.co.jp/